FC2ブログ

異なる極

 今日、テニスの模擬試合で前衛をやっていて、相手の攻撃に合わせて後ろに下がろうとして足がもつれて尻餅を付いてしまったのですが、そこで終わりではなく起き上がって相手の攻撃に備えたら後衛が撃ったボールが背中に直撃。後衛が女性であまり痛くは無かったけれど、有る意味ギャグ展開でした。

 さて、2日連続で忘年会だったのですが案の定2日目はビール3杯でアウトでした。おかげで最後に出される伊勢海老の味噌汁食べ損ねたorz
 

 さて今回はヘミモルファイトの紹介ですよ。

 画像 931.5

 石言葉:勇気、信頼、尊厳?っぽい 和名:異極石 アメリカ ネバダ州(多分)

 結晶の一本でも拡大して撮っては見たけれど、ピントが上手い事合わなくて掲載は見送りに。
 ブドウ状、塊状、粒状、繊維状、皮殻状の集合体でも産出するが、異なる極の石とあるように結晶の両端が片方は平らでもう片方が尖ってると言う鉱物の中でも珍しい結晶形態だそうです。同じ結晶形態をとるトルマリンと同様に、特異な電磁特性も持っているとの事。
 かつてアメリカでカラミンと呼ばれた2つ鉱物の片割れでもある。もう片方は菱亜鉛鉱(スミソナイト)と呼ばれ、ヘミモルファイトとよく似た鉱物だそうで。

 おそらく、白や透明な物よりも青い方が有名な気もする。とは言え青い方はまだ僕自身現物は見たことは無いけれど。
 
 さて次はジンカイトの紹介です。
スポンサーサイト






▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://the8thend.blog55.fc2.com/tb.php/563-8eefd983

 | HOME | 

「道端の端」

趣味雑記日記@リンクはフリー

プロフィール


もるもっと02

Author:もるもっと02
鉱物、天体等を産廃レンズで撮っています。


フリー




フリー



最近の記事



最近のコメント



カウンター



カテゴリー



リンク



月別アーカイブ



最近のトラックバック



StarFirstWatch


3ET製StarWatch
Present's by サンエタ


RSSフィード



ブログ内検索