FC2ブログ

変化の兆し、シャトヤンシーの輝き

 今日、紀伊国屋に本を買いに行っていました。そこのイベントで鉱物、化石類を売ってるのに当然の如く物凄く惹かれました。タンザナイトの原石が売ってるのには思わず買ってしまいそうな騒動に駆られましたが、自制心を働かせて今回は見送りに。もう少し回りの話を聞いてから買ってみようかと(´ω`)

 さて今回はアレキサンドライト&アレキサンドライトキャッツアイの紹介です。

画像 462

画像 470

画像 483

画像 485

石言葉:秘めた思い、愛と性の充実等 (キャッツアイ:選択と変身) 和名:金緑石 スリランカ産

 鉱物名はクリソベリルで、ロシア皇帝に献上された日が皇太子のアレキサンドル2世の誕生日だったためアレキサンドライトと呼ばれるようになった。
 日光や蛍光灯の下では緑~青緑に、白熱灯や蝋燭の光の下では赤色に変化する産出量の少ない珍しい宝石。品質の良いものはダイヤモンド以上の価値を誇る事もあり、米粒以下のサイズでも品質や扱う店によってはそれだけで数万はする事もある。
 クリソベリルはキャッツアイとも呼ばれる事があり、アレキサンドライトにキャッツアイ効果(シャトヤンシー)が現れる物は非常に稀だとか。

 僕が子供の頃に憧れた石である。0.2ctぐらいのサイズでもそこそこ値段は張ったけど一番色の変化の分かり易い品質の良いものを選べたし、偶々(このサイズでは法外なぐらい安く)キャッツアイも手に入った。運が良かったんだろうか。
 100円均一の店で買った白熱灯なので色の代わりが微妙。アレキタイプの石専用のライトで照らしてやると非常にわかりやすいのだけれども。
スポンサーサイト






▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://the8thend.blog55.fc2.com/tb.php/493-8914e19a

 | HOME | 

「道端の端」

趣味雑記日記@リンクはフリー

プロフィール


もるもっと02

Author:もるもっと02
鉱物、天体等を産廃レンズで撮っています。


フリー




フリー



最近の記事



最近のコメント



カウンター



カテゴリー



リンク



月別アーカイブ



最近のトラックバック



StarFirstWatch


3ET製StarWatch
Present's by サンエタ


RSSフィード



ブログ内検索