スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



週末の話

 土曜日の話。

 汽車に乗り遅れかけた。

 乗り遅れると1時間待ちとかザラなので間にあってヨカッタヨカッタ。原因になった僕が言うのもアレだけどな!


 電車内s

 のどかな風景を見ながら2時間ほど汽車に揺られて。

1982s.jpg

 窓枠の落書きなんか見てたら、1982年とか2001年とか色々時代を感じさせるものが。


酒祭りs

 酒祭りの会場。入るときにおちょこをもらえるのでそれで試飲だそうだ。四国各地から38本出ていたが、それだけ飲むと酔いがやばそうなので、加減しつつ一周できました。
 愛媛の日本心が美味しかったかな?38本も飲んでいたら味覚のゲシュタルト崩壊起こしてもおかしくはないんだがw

酒祭り2s

 朝飯にインスタントソバ米汁の食べたけど美味しかった。ちなみに画像で食ってるのは友人です。
 

酒祭り4s

 昼飯にお美姫鍋を食べたけれど、最近に出来た鍋とは言え結構美味しかった。見た目以上にボリュームもあったし。
 西徳島による機会があれば食べてみるのもよいかもね。
 この後は、芳水の酒蔵に行き、試飲と再び蔵見学で終了。しかし本場の甘酒は本当に美味しかった。



 日曜日の話


遍路s

 猟師の人に道を聞いて、細い遍路道をすたこらと。LOWAの登山靴の慣らしに歩いてみるついでに若杉山に辰砂を探しに。

 若杉山遺跡s

 着いてみたが、本当に何も無かった。遺跡も何処がそうなのか分からず、大雑把な看板だけがそこが遺跡跡だと唯一分かるといった具合だ。
 元々、見つかる可能性は低いと踏んでいたが、水井鉱山も見つからず今回も収穫は無かった。

 奥ノ井のズリ以降収穫が無いorz

 遠くで犬の鳴き声がしていたと思ったら、猟師の人が近くで狩してたわー。

梅3s
  
 梅が咲いていたので軽く撮って見た。
 来週は梅園でも行ってみるかな。

スポンサーサイト

ベニト石・ジョアキン石

 ジョアキン石&ベニトアイト

ジョアキン石
 
 青いの:ベニト 黄色いの:ジョアキン石

 裸石の方では何度か撮影したベニトですが、今回は原石(のごく一部)の方です。メインは中央のジョアキン石ですがw
 ジョアキン石はこれまた妙な元素で構成されてるらしいです。後、産地も限定されているとか。
 
 海王石と同じくベニトのおまけのような感じでくっ付いているのをよく見かけます。

 クリックすると原寸大へ


夜間工場

 なんてこった、勢い余ってヨコハマ買い出し紀行全巻読破してしまった。ここまで個人的ドツボに入る作品は久しぶりだの。
 不変な日常を書いた作品かと思ったら、しっかり巻を追うごとに作品の中の時間は経過してるんですよね。子供は大人へ、あるものは無くなり、変化したり新しく生まれるものもある。でも主人公等は幾ら喜怒哀楽があってほぼ人間と変わらない見た目をしていても、そこでほぼ不変なロボットだって思わされるんだよ。作中に出てくるよく分からないものとかの謎とか、あの人はあの後どうなったんだろうとか、色々半端な所で終わってるけれど終わり方の〆は良かった。個人的には最終話の一話前の話が一番お気に入りだけどね。
 関東圏の土地勘があればもう少し楽しめたかも知れないけど。


工場3s


工場2s


 工場を撮りに行きました。でっかいのはついっとぴっくに。
 写真集みたいに綺麗に撮れないね。三脚じゃなくて一脚使ったからかな。

 しかし夜の工場は綺麗だの


海王石

 うむむ、明日は梅林を撮りに行く予定だったけれど、まだつぼみだそうだ。来月だな。


 ヨコハマ買い出し紀行って言う漫画を買って見ました。
 ゆっくりと滅んでいく末期的な世界観なのに、悲哀的な所もなくのんびりとした雰囲気で話が進んでいくのが良かった。
 3巻ほどしか買って無かったけれど、明日まとめて買っちゃおう。


 さて今日はネプチュナイトですよ

海王石

 和名:海王石 カルフォニア サンベニト産

 ベニトのおまけとしてくっ付いてるイメージが強い鉱物ですが、濃すぎて赤い結晶には僕は魅力を感じる事ができます。(ベニトはおまけでこいつをメインで買ったぐらいには)
 KNa2Li(Fe2+,Mn2+)2Ti2 Si8O24と言うチタンやマンガン等がくっついた特殊な化学組成で、水晶やトルマリンと同じく圧電効果を持つがそれが役に立つ日がいつかは来るのだろうか・・・。

 今回は倍率を稼ぐためにD5000で撮影。結晶サイズは2mmほど。


辰砂再

ha-nas.jpg

 いやはや、久々の大雪だったわ。交通関係が完全に麻痺するかなと思ったけどそんなことは無かった。

 夜の街灯と降る雪を撮って見たかったが叶わず。残念。

辰砂2s

 今回は辰砂の再録です。説明等はこちらへ

 前回と比べると、画像のボケボケ感を無くすのと、背景を白に変えてみたというところか。


セレンディバイト

 やろうと思っている事を後回しにしてしまうのは、僕の性だからか。

 今月中にはキングの架台を組み立てる。未だに本棚の前に鎮座してんよ。場所の確保が出来たらの話だけどね。ベッドをどうにかできたらなぁ。
 

 ウィザーズブレインの最新刊読みました。錬がどんどん主人公(笑)になってないかこれは。サクラがアレ手にして錬の持ってたアドバンテージをほとんど奪ってるし、作中の活躍がアレだしw
 最後の最後でなんかやってくれると思ってるけどね。


 さて、今日はセレンディバイト

 New-Out99999_99997s.jpg

 ミャンマー モゴク産 0.64ct

 素で見ると真っ黒で不透明だけど、実際は超濃い藍色で透明。産地によっては透明なブルーの物も出るらしいけど、絶対数が少ない上に値段が半端無いことになってるらしいので気にしない。

 あんまり情報がないので書く事が無いよ。黒い裸石ってあんまりないよね。装飾品として利用されるのも結構限定されてる感じだし、魅力的なものが少ないのもその原因なのかねぇ。

 まぁ、今日はこの辺で


腹がよじれた

 ルースの撮影は明日にでも。

 海王石注文しちゃったよ。ベニトはおまけだ!


 久々に腹抱えて笑ったわ。もんじろうで試しに死語で翻訳したらカオス度が増したし





酒蔵

 日曜日に某酒蔵に行って来ました。

酒蔵s

酒蔵2s

酒蔵3s

酒蔵4s

 しかし、昔ながらの木製の部分が見え隠れしているので、雰囲気は良かったなぁ。

 酒の味なんかは麹や工程で変わるとか、時間の経過でも変わるとか色々話が聞けたのはよかった。



試飲s

 純米大吟醸とか普段見かけないような酒が試飲できたのも良かったなぁ。

味噌汁s

 その日最大のネタはこれだったがね?


おりおんとしりうす


 今日は芳水の酒蔵に行ってきました。詳しいのはまた明後日にでも。

 寒い中、大河原高原まで星を撮りに行ってきました。

 薄っすらと霧がかかった感じだったので、見えないかもと言う思いもありました。
 
 それ以上に!


帰り道s

 雪ぱねぇ。うねった坂道の日陰部分に積もりすぎだ。
 強行して行った行き道はよかったんだ。凍らずにある程度でこぼこしてたので、後ろにずり落ちなかったし。

 行きは良い良い、帰りは怖い。


 ようやくたどり着いて、赤道儀を組み立てEL135mmに蛇腹つけて撮影を開始。流石に標高1000mを越えるので、風が冷たい。

 1h時間ほど撮ってみましたが、この3つを撮るので限界でした。原寸大の画像はついっぷるの上げています。クリックでも大きくなるよ。

ベテルギウス2

 真ん中の赤い星がベテルギウス。超新星爆発を近く起こるらしいので、今の内に撮っておきました。

オリオン座大星雲2

 中央にオリオンザ大星雲。上3つの星の一番左側に燃える木。
 
シリウス2

 後は、真ん中のシリウスです。

 赤道儀の軸あわせがしっかりと出来てなかったので出来はあんまり良くは無いです。ヒートテックをパッチも含めて着込んでいても寒かったので、1hでギブアップ。

 その帰り。帰りは怖いを体現するかのように、道を間違えてかつ、その道が雪ではなく凍結してたのですよね。見事に停止なんて意味は無く滑り落ちていくという恐怖な体験をしました。先が凍結していないと分かっていても怖いものですね。もう無茶はしない。

 星雲を綺麗に写すには、HDR合成が出来るソフトとカメラ本体の改造があとは必須かな。うーん色々と難題が。


シリマナイト

  同質異像s

 シリマナイト 15.68ct インド オリッサ産

 アンダリュサイト、カイアナイト(画像右側の鉱物2つ。下がアンダリュ、上がカイア)とは、同質異像の存在。
 カイア、アンダリュはともかく、シリマナイトの裸石ってあんまり見かけなくて今回でようやく手に入れる事ができました。カイアは美しい青色だし、アンダリュは角度によって色が変わる石の代表格ですから、仕方ないような気もしますが。

 しかし、真っ黒かと思ったら透明度も高く、裸石としてはかなり良い感じです。撮りにくいので集合画像になってますがw

 


ベスビアナイト

 
 また、ダーティフェイスを見返してます。偶に見たくなるんだよなぁ。

 Xlink繋がらないナンテコッタ


 さて、今回はベスビアナイトですよ

 ベスビアナイト
 ケニア産 0.18ct

 最初に発見されたベスビアス火山にちなむ名前を持っていますが、様々な結晶形を持ち紛らわしい事からアイドルクレースと言う名前も持っています。
 
 産地によりカラーバリエーションは様々で、ジュフリー産のものは紫やピンク色に発色しているのでなかなか綺麗です。


  midori rasekia

 手持ちの緑色のルースを並べてみました。0.1ct前後のものだけですけどね。
 左からエメラルド、ベスビアナイト、デマントイドガーネット×2、ガーネットの一種。

 ガーネットオオイヨ


 | HOME | 

「道端の端」

趣味雑記日記@リンクはフリー

プロフィール


もるもっと02

Author:もるもっと02
鉱物、天体等を産廃レンズで撮っています。


フリー




フリー



最近の記事



最近のコメント



カウンター



カテゴリー



リンク



月別アーカイブ



最近のトラックバック



StarFirstWatch


3ET製StarWatch
Present's by サンエタ


RSSフィード



ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。