スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アース・ブルー

 んー、書く事が特に無い。
 昨日の記事でジャンボドリアを書き忘れたとか、今日の給料が普段の2倍近く入っていて焦ったとか無いわけじゃないけど他愛も無いことを書こうとすると迷う。普段からボケっとしている証拠ですな(´・ω・`)

 今回はラリマーの紹介です。
画像 648


画像 647

 石言葉:安らぎ 和名:曹珪灰石 ドミニカ共和国産

 正式名称をブルー・ペクライトと言い、地元の宝石商だか地質学者だかの娘の名前の「ラリorラリッサ」とスペイン語で海を意味する「マー」を組み合わせてできた名前だそうで。
 こちらも比較的新しい鉱石で発見は1974年にドミニカのバオルコ村周辺で発見され、その周辺付近でしか発見されていない色で、1985年にアメリカの宝石商が「カリブ海の宝石」という売り文句で出し人気が出たそうです。

 某書店のイベントで買ったもの。ラリマー特有の色合いははっきりと出ていて良いのですが、海の底を彷彿させるような網目模様が入っていないのでそこらに売っているラリマーに比べると割安で買うことが出来ました。
 とは言え、光の当て具合によっては海と地球を取り巻く雲の様な模様を見せるのでこれはこれで僕は気に入っています。下の画像がちょっとずれているので残念なことに(´・ω・`)
 
 次回はスギライトの紹介で。
 

スポンサーサイト

魅惑的な集合体

 今日は友人と3人で香川までガーネットと取りに行っては見たのですが、急にだった上に事前にあんまり調べてなくて場所が分からずじまいで時間が無くて帰る事に(´・ω・`)
 でもまぁ、電車好きの友人が見てみて見たいというのは見えて?良かったと思う。(多分

 MH3は街で初ウラガンキンをやってはみたのですがあれはやべぇと思った。
 4人(ユロ、バサ㌧、ジーク様)で最初は僕の2死というか、防御低すぎでローリング食らって即死とかで失敗(´・ω・`)
 未強化のペッコ装備からラギア装備に変えてかつ守りの護符買って、ボウガンも色々弄って周りは大量の設置罠持って再度挑戦でなんとか捕獲。いやー熱い戦いだったわw

 今回はチャロアイトの紹介です。

画像 641

画像 642

 石言葉:魅惑 和名:チャロ石 ロシア ヤクート サハ産 1.03ct

 1978年に発表され、ラリマー、スギライトと並ぶ三大ヒーリングストーンと呼ばれている石らしいです。
 エリジン、マイクロクリン、ティナクサイトの鉱物集合らしく、それらが交じり合って紫色のマーブル模様を作っています。
 名前の由来は、ロシア語で魅了を意味するcharoから来ているとも言われています。

 元々、あんまり興味が無かったのですが今日写真撮っていてその魅力に気がつきました。透明では無いものの鮮やかな紫色とその模様は惹かれるものがあります。

 次回は残りのどちらかで
 


間違われた赤い石

 昨日、会社の人と飲みに行ってショットグラスに入ったテキーラの一気飲みとかで、今日朝から半分死んでました(´・ω・`)
 2週間ぶりにテニスにも行ってみたのですが、流石に体が鈍っていて思うように打つことが出来なかったですが。

 MH3は今、街の★3まで行きました。HRは19で相変わらずボウガンしか使ってないです(´・ω・`)
 フレームがジャギットファイアでバレルが雷砲でストックがクルペッコのなんとか。貫通弾Lv2速射が金の節約になっていい感じです。

 レイアとかレウスとかラギアとか色々、徹甲榴弾Lv1をずーっと頭に叩き込んでるんだけどスタンというかピヨピヨなるような気配が無い。今回無くなったのかな?

 今回はスピネルの紹介です。

画像 636

画像 637

 石言葉:内面の充実、安全、好奇心 和名:尖晶石 ミャンマー産

 様々な色があるうちの一つ。レッドスピネルですが、ルビー、サファイアと産出する場所が似通っているため、ルビーとかサファイアとかと間違われてきた歴史があるみたいです。有名なのはイギリス王室の黒太子のルビーとかティムールルビーですね。実はスピネルでしたってやつです。
 なので、他の石のイミテーションとかに使われやすく、偽者のイメージが強いのがちょっとと思う時があります。スピネルはスピネルで綺麗な奴は綺麗なんだけどね。

 次回は三大ヒーリングストーンとやらが揃ったので、順に紹介したいとおもいます。
 
 
 
 


なんとも言えない青

 MH3ですが、ようやくハンターランクが8になりました。
 ユロとかバサ㌧とかいろいろな人に叩き上げられてですから実力じゃねーですけど(´・ω・`)

 ライトボウガン使ってますが、やはりやや攻撃力不足かな?PTプレイでしかやってないからあんまり実感無いけどミドルぐらいに切り替えた方が良いかもしれませんね。
 
 ポンデライオンモドキで初水中戦だったのですが、あれは慣れないなぁ・・・。

 今回はパライバトルマリンの紹介です。

画像 632

画像 635

 石言葉:ルーツ 和名:電気石(トルマリン) ブラジル パライバ産 0.04ct

 ブラジルパライバ州の鉱山から1989年の一年だけ大量に産出した希少なトルマリン。小さすぎるので色が薄いのですが、蛍光色のライトブルーの綺麗な色を実際はしています。
 
 トルマリンの中では最高級な色の種類。
 インディゴライトなんて目じゃないです。小さく、色の薄い物なので買えたようはもの。
 たまーに宝石店で出始めの頃の価格で出ているらしいので、見つけたら買いかもしれませんよ。

 次回はスピネルの紹介です。
 


眠り姫

 昨日は、焼き肉食いすぎ酒飲みすぎで家に帰った時点でやばかった(´・ω・`)
 
 MH3は一応村クエが出たところまでいきましたまる。

 今回はターコイズの紹介です。

画像 625

画像 629

石言葉:神聖な愛 和名:トルコ石 アメリカ・アリゾナ州 スリーピングビューティ 1ct

 12月の誕生石の一つとして有名。トルコ石とあるけれどトルコで産出する事は無く、その本場はイラン(古くはペルシア)で産出。トルコ系由で地中海の方に運ばれたからだといわれています。
 最高品質な物はイランから産出されますが、このアリゾナ州から産出されるターコイズはライトナイモと呼ばれる鉱物に包まれて産出するため、ライトナイモによる独特の網目模様が無く「眠り姫」という異名をもつほどロイヤルブルー~ライトブルーの美しい色をしている。
 
 ターコイズと言えば、イミテーションの量が半端なく安い物はハウライトに着色しているかガラスとかプラスチックだと思ったほうが良いかも。(ハウライトトルコ石とか紛らわしい)
 まぁ、不純物の無い本物の最高品質の物はものすんごい高いです(´・ω・`)

 ターコイズには元々興味が無かったんだけど、このスリーピングビューティには一目ぼれしましたわ。スカイブルーと細かい白の模様が浅いプールの底とか薄雲の走る夏の空ぽいのが良い。

 次はパライバトルマリンの紹介でもしましょうか。


MH3始めました。

 周りがやりだしたので、釣られてMH3に手を出してみました。まぁ、PSPの方と違ってオンラインで出来る環境で似たようなレベルの人とできるからマシなのかな。
 開始早々、村の方をほどほどにやったら、後はユロとオンラインの方でひたすらドスジャギィとクルペッコ狩って装備整えてました。
 片手剣よりもやはりボウガンの方が個人的には落ち着く。近距離でガスガス殴るのはどうも性に合わないなw

 石の方はデジカメを親から返してもらえたので、ターコイズか翡翠の紹介かな次は


マイクロスコープの世界

 昨日、花火と飯を食べに知り合い等と行っていたのですが次の日の4時まで飲んでました(´・ω・`)
 
 色々、話を聞けたので個人的な収穫は大きかったかな。

 
 さて、続きを読むからマイクロスコープから見た小さいルースの拡大画像です。

 

続きを読む »


同質異像の煌き

 虚空座標様の石好きさんリンクに参加しました。石を集めだしてまだ2年ちょいなので写真の撮り方とか参考にするところが多いです。

 今回はアンリュサイトの紹介です。(前の記事アンリュサイトと書いてたので強調)

画像 588

 石言葉:希望、成長、集中力を高める、愛の予感 和名:紅柱石  スリランカ エラヘラ産 0.35ct

 以前紹介したカイヤナイトと同じ化学組成の同質異像の石です。画像を撮るとどうしても黒っぽくなる。そこで、小型顕微鏡を買ってみたので拡大してみます。

画像 587

 実際に見るとこんな鮮やかな色をしています。この石の特徴なのですが、かなりの多色性を持っていて

画像 597

 90度傾けてやると

画像 595
 
 このような鮮やかな赤色に変わります。カットしてあるルースだと、上から赤と黄緑のコントラストが美しい。角度によって更に色々な色彩が見えます。

 小型顕微鏡も手に入れたし、前に小さくてあまり拡大できなかったルースの再紹介です。


夢見る水晶

 FC2の新機能?ぽいのにランキングの確認とか追加されてますね。これは何に対してのランキングなのやら?
 ちなみに28355位 (昨日:26358位) / 1218982人中だそうで。

 今回はハーキマーダイヤモンドの紹介です。

画像 583

画像 586

石言葉:水晶と同じ? 別名:ドリームクリスタル アメリカ ニューヨーク州 ハーキマー村

 ダイヤモンドとありますが、鉱物学上は単なる水晶。ただ、ダブルターミネイトと呼ばれる両側が尖った状態ところころとした単結晶とダイヤモンドと間違われたほどの光輝と言う独特の特徴を兼ね備えている。母岩となるドロマイトに含まれているコールタールの成分がその光輝を生み出しているとも言われています。
 ハーキマーダイヤモンドの名前はブランド名と似たような物?なのでハーキマー産以外のものは同じ形でもハーキマーではないので注意。(見た事は無いけどアーキマーとかパキマーとか紛らわしいのも多いらしい)

 物凄く、母岩割りたいです(´・ω・`)
 中からころんころん中身が出てきそうで物凄く惹かれる一品です。画像だと分かり難いんだけど、表面がうすーく黄色っぽくコーティングされているようにも見える。なんでだろ?
 
 次回はアンドリュサイトの紹介でもしましょうか。


シェリー酒と言うのは意外にも飲んだ事が無い

 非想天則に予想外な2人が参加してたなぁ。委託待ちにしても買いに行き難い(´・ω・`)

 今日やってたテレビの都市伝説云々の話は微妙だった感じ?小さいおじさんとか師匠シリーズだとかあんな感じだと面白くもあるんだけれども。

 今回はインペリアルトパーズの原石の紹介です。
 
画像 573

画像 577

石言葉:知恵、論理  和名:黄玉 ブラジル オロ プレト産

 トパーズと言えばまず思い浮かべるのがこの黄色だろう。ギリシャ語で捜し求めるの意味のトパゾスが名前の由来ともサンクリット語で火を意味する言葉が語源になったとも言われているらしい。どちらが本当なのか良くは分からないんだけれども、よく見かけるのは前者かな。
 アメジストを加熱したシトリンが大量にトパーズとして売られたがために、本物のトパーズは当時のブラジル皇帝にちなんでインペリアルトパーズと呼ばれるようになったんだとか。

 シェリー酒の色ともシャンパンカラーとも言われる色合いがもっともと良いとされているが、実際どんな感じの色なのかは僕はあんまり想像つかない。黄金色にピンク色が混じったような~と聞いたのでこの原石を選んで見ました。カットしたインペリアルトパーズのルースもあったのですが、値段が一桁違うので手が出せなかったです。(´・ω・`)

 次はハーキマーダイヤモンドの紹介です。


天使の羽・・・?

 今更ながら、1ヶ月前の健康診断の時の診断書が届いてたのに気がついてみていたのだけれども相変わらず脂肪関係と総コレステロール関係が低い。常人の脂肪率-10%~10%に対して-20%は無いわ。おかげで筋力が付き難いのが悩める所。

 昨日友人と久々に麻雀やったんだけど、ボロ負け(´・ω・`)
 5年ちょいのブランクがあるものの、デカイ手に振り込みすぎたのがダメだの。いつもの事だけど逃げようが無いときの籤運の悪さには辟易するかの。

 前から探していた石の名前が分かったのは良いのだが手が出せない・・・。
 「アウイン」と言うラピスラズリを構成する鉱物の一つなんだけど、単体の結晶だとサファイア以上に鮮やかな青色をしていて非常に美しい。でもその産出量は少なく、結晶として出る場合もほとんどが小さく、それでいて小指のつめの先程度でウン万するようなものらしい。いつかは手に入れられると良いな程度かな。

 今回はセラフィナイトの紹介です。
画像 570

 石言葉:天使の翼    和名:斜緑泥石  12.89ct  たぶんロシア産

 鉱物名はクリノクロア。その白い模様が天使の羽を連想させる所からセラフィムを捩ってセラフィナイトとなったとか。見た目以上に脆いので(モース硬度2~2.5)アクセサリとして運用する時は注意が必要。

 これのビーズは持ってはいるんですが、小さいのでルースを買いなおして撮影。羽の形が分かり易いデカイのもあったのですが幾分値段が張るので手が出せなかった(´・ω・`)
 このサイズのは幾つかあったのですが羽の模様が折り重なっているような感じのこいつを選んでみました。

 次回はインペリアルトパーズの原石でも紹介しましょうか。
 


昼間に光る蛍のよう

 祭りの最中は無駄にテンション高くなるなぁ。関係ないけど未だにあの浴衣の着方が分からない。帯の締め方が覚えきれねぇ・・・。

 友人と遊びに行く最中にチャリで走ってる最中に壁にぶつかって怪我したとか言えない。それもぼけーっと船見てたら、壁が一箇所出ててモロに擦っちまった\(^o^)/


 今回は発光フローライトの紹介です。さっきから発行と発光の変換よく間違えます(´・ω・`)

画像 566

画像 564

 石言葉:控えめな愛、傷心、少しの希望、秘められた美徳等  和名:蛍石  たぶんイギリス産

 色のバリエーションが多いフローライトの一部は、紫外線を当ててやると蛍光することがある。中でもイギリス産の物は強く蛍光することが知られていて、下の画像のように太陽の光の紫外線でもほんのりと青く光っているのが分かる。
 
 ブラックライトで照らしてやると、物凄く分かり易いのだが。
 紫外線等で発光する石は以外にも結構ある。アダム石や一部ルビーなんかも光る。一時期物凄く欲しかったのだが、今は興味が別の方に向いているしなぁ。
 やはりフローライトには手は出せない(´・ω・`)
 
 次はセラフィナイトの紹介でもしましょうか。 


藍色の水晶

 今朝方見た夢。
 集合場所に行かなければならない時間をとっくに過ぎた19時に目が覚めて、焦ったと同時に外が明るいので疑問に思ったら目が覚めた。目が覚めたら12時半で準備しねーとなぁと起きたら、部屋が前の実家で友人が遊びに来て、ありえねぇって思ったら目が覚めた。目が覚めたら10時で、一人暮らししている時のマンションの部屋で、これもありえねぇと思ったら目が覚めた。9時に目が覚めて今度こそ普通に起きる事が出来た。
 でも二度寝したのは言うまい。

 普段夢ってのは見ても直に忘れるんだけどね。今日のはかなりインパクトがあったのか覚えてたわ。

 
 今回はインディゴライト イン クォーツ(ブルールチルorブルークォーツ)の紹介です。

画像 551

画像 555

 石言葉:生命の誕生、自分に許可を与える。  和名:水晶(青水晶) ブラジル産

 微細なインディゴライトトルマリンが針状にインクルージョン(内包物)として入っているため、水晶全体が青みを帯びています。
 元々の希少な上に鉱脈自体が今のところ枯渇しているため、出回ってる分しか入手できる見込みが少ないです。最初の頃に一気に出回って一気に消えていった典型的な例ぽい感じで聞きました。  僕が入手できたのも運が良かったのかもしれません。

 次回は発光フローライトでも紹介しましょうか。紫外線ライト無いけど(´・ω・`)


宝石の王

 さて、今日から阿波踊りです。
 
 
 
 最近見始めたのですが、見る分には止まらない。多分、ゲームやったら途中でやらなくなるんだろうな。最近はどうも色々飽き性で困る。学生時代のあの熱気は何処へ。
 
 今回はダイヤモンドの紹介です。

画像 538

画像 550

 石言葉:永遠の絆、純潔、至宝の輝き等  和名:金剛石 0.03ct

 ギリシア語の adamas に由来する現状でもっとも有名な宝石だろう。価値で言えば、アレキサンドライトやルビーのピジョンブラッド等、希少さで言えばそれこそ色々があるだろうけど、希少さ、価値、美しさ、知名度どれをとっても高水準の鉱物だと僕は思う。

 ただ、その歴史は以外にも浅く、古くインドではただ硬いありふれた鉱石だとしか認識されていなかった。15世紀に入り、ベルギーのとある青年によってダイヤモンド同士でカットする方法が発見され、その価値が次第に高まる事になります。ルビーやエメラルドを超える価値が出るようになったのは20世紀に入ってからだそうです。

 実験による硬度はあらゆる物質を飛びぬけて高く、しかも薬品や光になどに変化し難いと言う性質もある。(ただし、純粋なロンズデーライトと言う六方晶ダイヤモンドはダイヤモンドの硬度よりも58%上回ると予想されてるらしい)その構成は平たく言うと炭素原子の3次元的な結合だそうで、2次元的な結合の石墨と同じ。
 
 ここから先は、これからウン十万クラスのダイヤモンドのアクセサリを買う方は参考にどうぞ。

 ダイヤモンドが他の宝石と比べると別格に扱われている点があります。それは宝石そのものではなく、「鑑定書」がつくか「鑑別書」がつくかその差だろうと思う。まぁ、どちらにも言えるけど発行すると1万ぐらい取られるからある程度の価値のあるものでないと付けられないだろうけど。
 
  鑑別所とは、その石が天然か合成かのみしか書いてない物。
 
  鑑定書とは、ダイヤモンドのみ(更に言うなら一個物)について発行される物です。

 鑑定書にはダイヤモンド価値を決定する4Cと呼ばれる要素が書かれています。
 4CとはCarat(カラット)、Clarity(クラリティ)、Color(カラー)、Cut(カット)の4種類です。

 Carat(カラット)
 前にも説明したけど、約0.2g=1カラットです。大きさではなく、その質量の単位なので注意です。一番分かりやすく、重要視されやすいけど一番考えなくてもいい項目。重さに拘ると、あんまり価値の無いダイヤモンド掴まれますしね。

 Clarity(クラリティ)
 透明度を表す項目。ダイヤモンドの価値を決めるもっとも重要な項目だそうです。
 ランクは
 GIA基準

 F、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3
 
 国際基準 

 Lope clean、vvs1、vvs2、vs1、vs2、si1、si2、p1,p2、p

 です。

 左に行くほど透明度が高くなります。後述のカラーにも関係してきますが、カラーのDに近いほどその透明度は上がっていくそうです。

 Color(カラー)
 D~Zまでがあり、Zに近くなるほど黄色がかってきます。
 ただし、D~Zの範囲から外れるものはファンシーと色の名前が与えられて別の価値を持つようになります。無色透明のイメージが強いダイヤモンドは意外にもかなりの多色性を持ち、中でもピンク、ブルーの価値が高く、逆にブラウン、ブラックは価値が低くなります。

 Cut(カット)
 GIAのExcelent、VeryGood、Good、Fair、poorの5段階と国際基準のVery Good、Good、Medium、poorの4段階があります。他にも色々書いてあるみたいですが、素人で判断できるのはこの辺りだけだそうです。

 Clarity(クラリティ)を中心にして、総合的に高い物を選ぶと良いでしょう。もちろんお財布と相談でしてですが。
 で、ここまで書いておいてこう言うのもなんですが、あくまで参考程度にどうぞです。法的な拘束力もないような鑑定書なため、価値を決めるおおよそな指針程度だと思ったほうがいいでしょう。石を買う場合には信頼できる所で、なおかつ自分が気に入った物を選ぶと言うのが大切なのですよ。

 エンハンスメントやトリートメント等などまだ書く事はあるのですが、その辺は又今度で。

 次回は希少価値がでてきたインディコライト入り水晶の中でも青水晶と呼ばれる物を紹介します。



星光

 もうすぐスダチの県の盆踊りです(´・ω・`)
 あの人ごみの中、大人数で移動せにゃあかんとかと思うだるいっす。
 とある本屋のイベントで東京サイエンスさんの所のラリマー、タンザナイト、レッドスピネル、オーストラリア・オパール原石を入手しました。格安でラリマーとオーストラリアオパール原石が入手できたのが良かったか。オパールの原石はこちらでは見かけないし、ラリマーは変に値段高いから手に入れにくい。ケースから出してよくよく見る(見なくても)とカットが変だったり、欠けていたりしているものばかりだったので安いのは納得。石が欲しい人には関係ない話ですけどね。

 コメント返し
 鳥さんへ
 コメントありがとう。
 宝石関係は質、大きささえ問わなければ、入手ルートが良ければ大体有名どころは手に入るはずですよ。下手に宝石店で買おうとすると恐ろしく値段が高くなってしまう(´・ω・`)
 後、彼女は大切に(´ω`)b
 それと、キャラ製作がんばって。僕は皆が忘れた頃にこっそり更新します。

 さて、今回はスター効果を持った石達の紹介・・・で・・・すorz
 微妙な画像ばかりなので残念です(´;ω;`)ブワッ

 スター効果について説明。
 アステリズムとも言い、内包物(多くの場合ルチル)が規則正しく特定方位に配列する事で起こる石の特殊効果の一つ。

 画像数が多いので、続きを読むからどうぞ 
 

続きを読む »


月光

 ふぃーFC2がエラーでてて焦ったわ。DBエラーってなんぞや・・・?

 予定通りにムーンストーンの紹介です。
 
 画像 506
 
 石言葉:母性本能  和名:月長石 4.1ct スリランカ産
 
 無色や白色の長石の一種であり、その薄い膜のような結晶が加工される事によって回折、干渉を起こし、青~白色の特有の光を見せる。
 古くは、ギリシャ語で月を意味するseleneとも呼ばれていた事もあったらしく、世界各国の言い伝えでは「月の雫が滴り落ちて集まった物」と認識されていたらしいです。
 画像の物はホワイトキャッツムーンストーンとも言われ、シャトヤンシー(キャツアイ効果)と似たような光の筋(シラー効果)が見えます。シラー効果については次で


 画像 518.1

 ブルームーンストーン 石言葉:大人の愛

 シラー効果、ムーンストーンに限定してはアデュラレッセンスとも言うらしいですが大雑把に言うと空が青く見える原理と同じらしい。と言う事で、その特殊効果の中で青く見える物はブルームーンストーンと呼ばれます。ムーンストーンとして見かける事はこちらが多いような気もする。
 


 画像 511

 画像 515

 更に、澄んだ青色をしていて透明度が高くインクルージョンも少なくテリ(光沢)が良くシラー効果がふんわりと浮き出る物は、「王室」を意味するロイヤルの名前を付けられロイヤルムーンストーンと呼ばれます。
 上2つもサンストーンとは対照的な女性的な柔和な美しさがありますが、ロイヤルムーンストーンを見た後では流石に雲泥の差が出てしまうような印象があります。その透明な石の中に浮び上がる虹色と澄んだ青は圧倒的です・・・。
 
 サンストーンとは違い、圧倒的な知名度を誇るムーンストーンだけに他にも色々種類があることが特徴です。同じ長石の一種なんですけどね(´・ω・`)
 さて、次回は日、月と来たら星と来るのが相場ですが、星の名前を冠した石って無いような気がする。次点でアストロフィライトかもしれないけれど、ここはスター効果を持った石の紹介をやりましょうか。
 では次はスター効果を持った石達の紹介です(´ω`)ノシ



日光

 今日の雨は一段とひどいものだった。車で走っていて前が見え難いぐらいだったし。

 財布が欲しいけど、中々気に入るのが見つからない。下手な物買うと先輩に小言言われそうだしの。未だにオメガの時計買ったのを言われてるぐらいだしw
 ブランドとか拘らなければ、気に入ったのを買えばいいと持ってるしね。

 前回の記事で0.2ctぐらい~って書いたけど、実際には0.08ctだわ。0.2ctもあったら手が出しようがない(´・ω・`)

 補足で言うと~ct(カラット)の事ね。1ct=約0.2gって覚えておくといいかも。

 今回はサンストーンの紹介です。

画像 494

画像 497

 石言葉:輝き  和名:日長石  0.74ct   インド産

 灰曹長石と呼ばれる鉱物の一種。内部にアベンチュレッセンと呼ばれる内部にある細かな他の鉱物の結晶が煌いている。
 ムーンストーンと比べると派手な印象を覚えるが、知名度はそれほど高くない。全体的な産出量が少ないからかもしれないが。

 店で石を漁ってた時に奥から見つけ出した一品。一目見て気になったぐらい妙な存在感があったのでそのまま購入。カボッションカットな上にルース(アクセサリに取り付けられてないそのままの状態)なので微妙に撮影し難い(´・ω・`)
 明日はムーンストーンの紹介かな
  


変化の兆し、シャトヤンシーの輝き

 今日、紀伊国屋に本を買いに行っていました。そこのイベントで鉱物、化石類を売ってるのに当然の如く物凄く惹かれました。タンザナイトの原石が売ってるのには思わず買ってしまいそうな騒動に駆られましたが、自制心を働かせて今回は見送りに。もう少し回りの話を聞いてから買ってみようかと(´ω`)

 さて今回はアレキサンドライト&アレキサンドライトキャッツアイの紹介です。

画像 462

画像 470

画像 483

画像 485

石言葉:秘めた思い、愛と性の充実等 (キャッツアイ:選択と変身) 和名:金緑石 スリランカ産

 鉱物名はクリソベリルで、ロシア皇帝に献上された日が皇太子のアレキサンドル2世の誕生日だったためアレキサンドライトと呼ばれるようになった。
 日光や蛍光灯の下では緑~青緑に、白熱灯や蝋燭の光の下では赤色に変化する産出量の少ない珍しい宝石。品質の良いものはダイヤモンド以上の価値を誇る事もあり、米粒以下のサイズでも品質や扱う店によってはそれだけで数万はする事もある。
 クリソベリルはキャッツアイとも呼ばれる事があり、アレキサンドライトにキャッツアイ効果(シャトヤンシー)が現れる物は非常に稀だとか。

 僕が子供の頃に憧れた石である。0.2ctぐらいのサイズでもそこそこ値段は張ったけど一番色の変化の分かり易い品質の良いものを選べたし、偶々(このサイズでは法外なぐらい安く)キャッツアイも手に入った。運が良かったんだろうか。
 100円均一の店で買った白熱灯なので色の代わりが微妙。アレキタイプの石専用のライトで照らしてやると非常にわかりやすいのだけれども。



オリビンオリーブ

 今週イロイロオワタ\(^o^)/
 なんつうか、仕事で自分の不甲斐なさを愚痴りたくなるレベルでちょいミス多すぎ。上司に目付けられてるからそのプレッシャーやらなんやらで余計に辛い。愚痴った所で仕方ないからポジティブに考えるしかないんかねぇ(´・ω・`)


 今回はペリドットの紹介です。

 454.jpg

 458.jpg

 石言葉:夫婦の幸福、偉大な力等 和名:苦土かんらん石

 ペリドットは宝石名で正確にはオリビンが鉱物名。8月の誕生石にも名前を連ねているから知っている人も多いだろう。
 暗くなっても明るく見える事からイブニングエメラルドとも呼ばれ、3500年前にはトパーズと間違われていた事もあったそうだ。
 基本的に画像のような小さい結晶でしか産出されず、有る一定の大きな結晶になると値段が一気に上がる。

 
 ペリドットの原石です。上にも書きましたが、ある程度のサイズ以降は手が出しようが無いため原石で安く買っちゃいました(´ω`)
 でも、物凄く脆いので、端からぽろぽろと崩れてしまうからあんまり動かす事が出来ないです(・ω・`)
 原石でもわかるぐらいオリーブ色が綺麗なので、お気に入りの一つです。   


ネーム・ロボ

 友人宅に行っていたので今日は石の紹介する間が無いという。

 コメ返し
 サンシロウさんへ
 ようそこ、おいでくださいました。
 僕もまだまだ、ググるのと辞典2冊以上併用させないと分からない事が多いです。興味があるのでしたら、アジアン雑貨や天然石を取り扱う店等に足を運ぶのも面白いと思いますよ。見てて飽きないですからw
 これからもどんどん見に来てくださいな。こちらも毎週イラストの方を楽しみにしてます(´ω`)

 名前を入力するとロボになって戦闘力とか出てくるのがネタになりそうだったので紹介です。

 Robot Generator

 20090807001727.jpg
 
 パワーとテクニックとエネルギーが多いって事は遠距離から狙撃するようなタイプ・・・かな?
 色々試してみるのもなかなか面白いと思う。


ガーネット・シリーズ

 今日はあかん。仕事でしこたま怒られたすぐ後に、手順間違いでゴリッっと加工している物をえぐるミスするわで意気消沈中(´・ω・`)
 まぁー、僕の性格からくるような事だし、もうちょい柔軟な思考持たないとな。

 コメ返し
 あちゅさんへ
 ひび割れた水晶ってことは爆裂水晶ですね。予想とだいぶ違うなぁ(´・ω・`)
 となると結構カラフルなブレスレットですね(´ω`)b

 今回はガーネットの紹介です。

 画像 452

 石言葉:忠実、友愛  和名:柘榴石

 ガーネット=赤いと言うイメージが強いと思いますが、実際は色、種類のバリエージョンは多い。
 
 画像内であるので判明しているので

 ・アルマンダイト(画像右端2つ?左側はパイロープの可能性も)
 
 ・スペサルティン(画像右から3番目)

 ・マリ・ガーネット?(画像右から4番目、ヘッソナイトかも?購入時はイエローガーネットとだけ表記)

 ・ミント・ガーネット?(略5番目、グリーンガーネットと表記)

 ・?(6番目、名前すら分からん(´・ω・`)  青っぽい色を基調としたガーネットで詳細不明。青紫に近いかな)
 ・パープリッシュガーネット(左端のが。詳細不明)

 正直、多すぎて区別ggg

画像 451

 左から2番目にアレキガーネットと後ろにレインボーガーネットを置いて、画像には無いけれどスターガーネットを含めて、僕の家にあるガーネットは全部。デマントロイドガーネットほしいな(´・ω・`)


竜の燃え立つ瞳

 帽子を被るのが慣れなくて違和感ありすぎるこの頃。

 今回はルビーの紹介です。

画像 437

画像 442

 石言葉:情熱、純愛    和名:紅玉(鋼玉) インド産 ルビー0.12ct サファイア0.08ct

 コランダムの内、色調がバラ紅色で時としてやや紫を帯びるのがルビーと呼ばれます。この色調の境界線は曖昧で、鑑定者よっては上の画像の右側もルビーと呼ばれることがあります。(実際はピンクサファイアと呼ばれることが多い)
 この赤色は、クロムの含有量によって変わってくる。ただし、クロムが含まれてしまうと大きな結晶になりにくく、宝石品質の大きな物はそれだけ希少価値は上がる。
 また、レッドスピネルやガーネットと勘違いされやすく、昔の王冠の巨大なルビーが実はスピネルでしたと言うオチもある。

 小さい、ピント合わせにくい(´・ω・`)
 ルースの宝石品質のものがこれしかなかったから仕方ない。画像だと分かり難いだろうけど、結構光沢の無い赤である。これで、もう少し光沢があって、朱の赤で、透明度があると最高品質のピジョン・ブラッドにぃぃぃ・・・そのクラスになるとこの大きさでも手が出しようが無いorz
 手が出しようが無いクラスの石はいつか欲しいと思うね。サファイアのコーンフラワーとかアクアマリンのサンタマリア・アフリカーナとか、パライバトルマリンとか(´・ω・`)
 まぁ、夢の又夢だな。でもレッドベリルは手に入るかも・・・?


ヨーロッパからの来訪者

 会社ですだちの県の盆踊りの練習が始まりました。足と腕が明日筋肉痛だのこれは。

 コメ返し
 あちゅさんへ
 赤い方はスタールビーです。無いなら自分で作ってみるのも良いと思いますよ。
 7色って何はめてるんだろう。カーネリアンorガーネット、オニキス、ハウライト、ソーダライト、シトリン、アメジスト、アマゾナイトorアベンチュリンかいな?残りは水晶と小さいカット水晶とかそんな感じかな?と予想してみよう

 
 さて、今回はルチルトパーズの紹介です。

画像 423

画像 430

画像 436
 石言葉:? 和名:黄玉   ブラジル・ロンドーニャ産 13.18ct

 ヨーロッパの方の雑誌か何かに載り、向こうで流行ったトパーズらしい。日本には最近入り始めた珍品だそうだ。
 一番最後の画像を見てもらえば分かるだろうけど、水晶ではあり得ない屈折率なためか、一定方向に入っている内包物が上と真ん中の画像のように、クラウン側に様々な方向に角度を変えて映りこんでいる。
 正確にはルチルが内包されているわけではなく、トパーズの2重結晶とも薄い管状欠陥に入り込んだ褐鉄鉱言われているとも言われている。ぶっちゃけ資料が無さ過ぎて分からん。

 今後、知名度を上げる可能性がある石。以前紹介したクリーダイトもパワーストーンとして紹介されだしてから、値段が下手な宝石よりも上回ってしまってるし(しかもアレよりも状態が悪い物が)ブームらしいから幾つかの石が軒並み値上がり状態に(´・ω・`)
 
 入手が難しい物から埋めていっているは言え、流行る前に手出さないと苦労することになるかもしれない。
 


珍しく作る気になったので

 やべぇ、タイヤ自体2004年から替えてなかったらしい。久しぶりに車点検したらエライ事になってた。 
 
 パワーストーンに興味がある人は、店頭に並んでいる天然石のブレスレットを見て欲しいけど値段的に手が届かないとか、しっくり来るのが無いとか、自分の誕生石とか(パワーストーン的な意味合いで)欲しい効果のが無い等思ったことが無いだろうか?

 と言う事で個人的主観ですけどmyブレスレット製作講座。

続きを読む »


富と権力が愛した緑

 志方あきこさんのアルバム、Harmoniaを買いに行きました。こっちで買えるとは思えへんかったわ。今回のは好みの曲が多かったの。

 本日の戦利品
 
 画像 398

 ルビー、スタールビー(&ビーズ×3)、サファイアビーズ×3、スターサファイア、ピンクサファイア、エメラルド、アレキサンドライト(&キャッツアイ)、ルチルトパーズ、ペリドット原石、各種ガーネット×7、ロイヤルムーンストーントップ、ブラックスタートップ、スピネルinクォーツ、発光フローライト、ブレス用シルバー×24

 まぁ、安く抑えられたからええけんど4大宝石は残す所ダイヤモンドだけ、しかし時間の問題だの。アズライトクラスターとかブラックオパールとかギベオンとかまだ欲しいのが沢山だし、ルビー&サファイアで色相で揃えるとかやってみたい今日この頃。イエローサファイアが入るらしいし、グリーンは安いしの。

 さて、今回はタイトルで分かるとおりにエメラルドの紹介です。
画像 407

画像 408

 石言葉:精神の安定、幸運、新たな始まり  和名:翠玉、緑玉  ブラジル・ボユダ産

 ベリルを代表する石であり、かのクレオパトラも愛した石であり、4大宝石(ダイヤ、ルビー、サファイア)の一つとも言われる石。
 クロムとバナジウムと言う異質な組み合わせで緑に発色しているで全体的に数が少なく、原石内部に無数のヒビが入っていることが多い。良質な所を探すのが難しいらしいがヒビが入っているのが天然の証とも言われるほど。(その分価値は下がるけれど)
 かなり繊細な石で長時間の直射日光、衝撃、熱は厳禁なので取り扱いには注意が必要だそうだ。後、偽者の数が異常に多いのも特徴で、調べてみた限りでは70年以上前にはもうあったらしいです。

 個人的に、写真キラーの異名付けたいほどその色合いがでねぇぇぇ。もう上の2つで妥協しました(´・ω・`)
 肉眼でみたらもっと綺麗?なんだけど、いざ撮影してみるとなんだかしっくりと来ない。エメラルドグリーンがはっきりと出ない感じかな。接写に優れたデジカメじゃなしに、普通の奴使ってるしその辺は仕方ないか。


ねむすん

 会社の人と夜中の3時まで飲んでたんだけれども、6時半に目が覚めて寝付けないと言う。アルコール抜けきって無いせいでだるすん。
 
 ROの修羅の阿修羅の威力がやべぇと思った。データルに783kは無いだろう。
 他のダメも見てみる限り高めな様子?ダメと使い勝手は別だろうけど。

 20090729000903.jpg

 やっとドラゴンクロウが手に入った(´ω`)
 ぬるぬる動くのと演出がカッコイイ。前々から欲しかったけど、外人さんの作った奴だからDLの仕方がイマイチ分からなかったんだよね。


 | HOME | 

「道端の端」

趣味雑記日記@リンクはフリー

プロフィール


もるもっと02

Author:もるもっと02
鉱物、天体等を産廃レンズで撮っています。


フリー




フリー



最近の記事



最近のコメント



カウンター



カテゴリー



リンク



月別アーカイブ



最近のトラックバック



StarFirstWatch


3ET製StarWatch
Present's by サンエタ


RSSフィード



ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。