スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ディープ・グリーン

 やはり、給料、ボーナス前は一週間が長く感じますね。
 
 さて今回はヴェルデライトの紹介です。
画像 393

画像 390

 石言葉:内面の強化 和名:電気石

 前に紹介したルベライトと同じくトルマリンの一種のエルバイト(リチア電気石)の一つ。トルマリンに鉄を含むことで緑色に発色している。鮮やかな緑色の場合ブラジリアン・エメラルドとも呼ばれることもあるそうだ。

 内部の結晶の中心が見えているから、結晶を輪切りにしてトップ作ったぽい。光に透かさないとまったく分からないほど色が濃いけれど、そこが渋くていい。
 トルマリンにしてはかなり安いほうだったので購入。原石の方と混ざって仕入れてしまってたらしく安いのはそのためだったらしい。
 個人的には一番好きな石の種類なのだが、値段的に手が出し難い(´・ω・`)
 まぁ、トルマリンに無い色は無いといわれるほど多種多用な色、種類があるから気に入ったのを探すのも一苦労ってのもあるけど。

スポンサーサイト

海水のしずく

 2,3週間前に知り合いに創作の都市伝説書いてみたから読んでみてくれないかと頼まれたのだが、未だに感想すら返してない。感想を返すかなと思いつつもどう言えば良いのか分からないのが現状。まぁ、こんな短い文章のブログ書くにしても、1時間~2時間掛けてるぐらいだから仕方ないか。その前に、都市伝説の定義とは何ぞや?とは思う。
 個人的に民話や童話の現代版みたいなイメージが強い。例えば最初が「昔々あるところに~」→「友人の友人の知り合いから~」とか、実在した事件や人物に尾ひれなんかが付いたりとか似たり寄ったりな所も多いし、もしかしたら有り得るかも知れないと思わせるような内容だったりとか。ホラーとかそっち系とは微妙に毛色が違うような気もすると思う。
 
 さて、タイトルから分かるとおりにアクアマリンの紹介です。

画像 373

画像 377

 石言葉:勇敢、旅情、達成された望み  和名:藍玉

 エメラルドと同じ緑柱石(ベリル)と言う鉱物の緑、青、帯黄色を指す宝石名。他に宝石として扱われている物でヘリオドール(黄金色)、モルガナイト(ピンク色)、ゴシェナイト(無色)等がある。
 その青色は海に投げ込むと瞬時に溶け込んでしまうと言われるほどで、昔の船乗り達はお守りとして持っていたこともあったそうだ。

 デジカメで青色が撮れるか心配だったが杞憂に終わった。別の意味で苦労するハメに(´・ω・`)
 上側の画像載せるか悩んだんだけど、それ以外に良いのが撮れなくて。実際もっと薄い水色です。画像下のビーズに近い色が本当の色です。てか同じ照明と角度なのに極端に色が違うと流石に困る。下のビーズを続きを読むで比較してもらうと分かるかも。見栄えが良いのは下なんだけどね、青っぽい色で撮ると綺麗なんだけど今回は裏目に出たなと。

 

続きを読む »


溶けない氷(2)

 今回も水晶の紹介です。成長するのに100~200年で1mm程度と言うまさに自然の作った芸術だろうと僕は思うけどね。

 画像 368
 画像 369

 ブラジル産水晶のクラスター
 
 アーカンソー産に比べると透明度は落ちるものの、どっしりがっしり?なイメージのブラジル水晶。 鉱物を集めようと思うなら、最初はこの辺りから入るのが良いと思う。
 
 何を隠そう、僕が一番最初に買ったクラスター。何が良いかって訳でもなく珍しいと言うわけでもなく、ただ気に入ったというだけである。実際、目的が無いときに買う時はそんなものです。
 欲しいと思っても乗り気がしないときは買わないし、前々回紹介したオパールなんかは欲しいとも思ってなくて、ただ気まぐれで買ったけど当たりだったというのもある。

 色、形、内包物でさまざまな名称があるし、値段も手ごろなのが多い。
 嵌ると奥が深い鉱物の一つ。(他はフローライトとかガーネットとか)


溶けない氷

 最近、上司に対して思うのだけどどうもパブロフの犬並の条件反射で「この人にはかなわねぇ」って思ってしまうようだ。苦手なタイプだし仕方ないかその辺。

 この間手に入れたオニワルドやら次元意思やら色々昨日ようやく突っ込んでみた。ウォッチングで見てて思ったんだけど今でも強いと思うねオニ。

 さて、今回はクリスタルクォーツの紹介です。

画像 362

画像 367


 石言葉:氷の化石、完璧、冷静沈着、神秘的  和名 水晶・石英

↑の石言葉はクリスタルとクォーツ纏めてですが。
 クリスタルとは、ギリシャ語で氷・澄み切った水を意味して石英の中でも無色透明なものをさす事が多いようです。(石英はクォーツ)
 かつてはアルプスの氷河で発見され、氷の化石とも思われていたことも。日本では玻璃と呼ばれて珍重されていたようです。

 産地によりその形状はさまざま、画像のものは水晶の中でもっとも美しいとも言われたアーカンソー産水晶。(形状にも名称があり、おそらくこれはアバンダンスクリスタルぽい?)レインボーなんかも見えるんだけど、見せようとするとあんまり良い画像にはならなかったので見えないです。

 後ろにある支え用のガラスは気にしちゃイヤン(´・ω・`)


気位が高すぎんよ

 雑記に書く事は書いたからなぁ。
 来月買えたら良いなって物
 ・ギベオン
 ・アレキサンドライト(+キャッツアイ)
 ・エメラルド(高品質)
 ・ムーンストーン
 ・ブラックスター
 ・スターサファイア&スタールビー(低品質)
 ・ブラッドショットアイオライト
 ・ルチルトパーズ
 
 さぁ、幾らぶっ飛ぶかな金が(ぁ
 
 今回紹介するのはホワイトオパールです。

 画像 360

 石言葉:虹の輝き、安楽、希望    和名:蛋白石   オーストラリア産

 オパールという名前は貴重な石を意味するサンクリット語のウパラから派生し→ギリシャ語のオパリオス→ラテン語のオパルスと言う経緯でヨーロッパに伝わったらしい。現在のオパールの読みはドイツから来てるとか何とか。(ホントかねぇ)
 今回のオパールは前回とは違いプレシャスオパールに属し、遊色効果を有します。画像の白以外の色は全部遊色効果。(本体はまっ白です。)
 その色はかつてすべての色を含み色が触れ動く所から「賢者の石」とも呼ばれたこともあったんだそうだ。(どこぞの一週間しょうzy)

 普通の質の悪い標本のつもりで買ったんだけど、撮影する際にくっきりはっきり7色がでてるからその辺上手く取りたかった。今回の撮影はすんごい難しかったわ。買った時に気位の高い石ですからとか言われたけど、肉眼では綺麗にプレイオブカラーが見えているのに、デジカメ視点では光の加減、角度、土台等でまったく違って見える。という事で今回はまともに撮れたのが一枚だけ。

 


程よい酔いが丁度いい

 昨日はラウンドワンでボーリングした後に、友人宅で飲んでました。ボーリングは苦手なんですけど、今回は調子が良かったですよ。(´ω`)
 安定して投げられたら良いのですが・・・スコアの差が32~166ってぐらいばらつくんですよ。100超えることは珍しいですが(´・ω・`)


うん、萌えた。やっぱ僕が持ってるのと比べるとレベルが違うなぁ。

 東方非想天則が気になる今日この頃。12.3th東方projectとありますから星蓮船の後の話かな?どういう感じになるのやらその辺が楽しみである。


爽やかさ・・・?

  口内炎に張るタイプの薬があるとは知りませんでした。でも気になって口の中で動かすので2回剥がれてしまい現在絶賛放置中。(´・ω・`)イタイ
 会社の後輩に口内炎出来て喋り難いんよーって話してたら
 
 「僕、火で炙って口内炎とか直してましたよ」

 それ聞いて、ちょおまwwwって思ったのですが、僕が聞いたことが無いだけで案外やる人居るのかな?

 それと、ここ最近の拍手が妙に増加しているような・・・?昨日で7件とか何があったんだ・・・?

 さて今回はブルーオパールの紹介です。オパールって聞くとオーポンが咄嗟に思い浮かぶのですが重症ですか?そうですか(´・ω・`)

画像 356
画像 353

 石言葉:爽やかな愛情表現      和名:蛋白石

 正確にはデンドリチック イン ブルーオパール。
 
 デンドライト モスアゲート等。石言葉:満足な成長 和名苔瑪瑙?
 
 瑪瑙に良く見られるシダ状の模様。この場合ブルーオパールにマンガン成分が浸透して出来たもの。画像の黒いのがそうです。決してデンドロビウムでもデンドロチックでも無いです。検索かける時に素で間違えました。

 で、オパールの方に話を戻しますと、オパールjは2種類ありまして有名なのは遊色効果(プレイオブカラー)を示すプレシャスオパールの方。こちらは、遊色効果の無いコモンオパールと呼ばれるほうです。水色~青緑色をしており半透明~不透明をしています。

 画像のオパールは実際もっと控えめな色合いなのですが、青緑色の半透明の上に淵にカットがあって光を当てると否応がなしに写真を撮ると光ったように撮れてしまう。ワザとやってるのでそれはそれで良いのですが、勘違いの無いようにと(´・ω・`)
 
 僕が持つ石の中でも貴重なものの一つ。ブルーオパールでデンドリチックのインクルージョンと高い透明度があるので珍しいとか何とか。


最近なのに古い物

 舌の横に腫れ物ができているから喋り難い、食べ難い(´・ω・`)
 
 今回はヌーマイトの紹介です。

画像 349
画像 352

石言葉:恐怖心の克服  和名:緑藍晶石?

 1982年頃に温暖化で溶け出した氷河の下から発見された石です。発見されたのはつい最近ですが、石そのものは25億~40億年前にできたものらしく(サイトによって15億年違うってどーなってん)ラブラドライトと同じフェルドスパー鉱石なんだそうで。

 これでブレスレット組もうと思ったんだけどなかなか色合い的に合うもの無いんよねー。産地やらなんやらで色合いも違うらしいのですが、僕が持ってるのは光を当てると茶金の針状のものが輝くものです。


クリスタルガーデン

 欲しい物探している時は見つからなくて、どうでも良い時に見つかる物欲センサー(´・ω・`)
 中身確認して無いけど、オニワルドやらなんやら探してたのが落ちてるとは・・・。
 

 今回はガーデンクォーツの紹介です。

 画像 345

画像 346

 石言葉;安らぎ、安定・豊かさ  和名:庭園水晶または苔入り水晶

 成長していく過程でクローライト等の鉱物を取り込んでできた水晶。ブレスレット状なので分かり難いけれど、物によってはミニチュアの庭園のように見える物さえある。僕が見た中で一番すばらしいのは、プラチナルチルが雨のように降り注ぐ物が一番良かったかな。

 お気に入りの一つなのでよく出かける時に付けてます(´ω`)


迷った末に

 むーん。 
 今回紹介するのはラブラドライトと思ったのだが、スペクトルライトに近いから青いのね。最近青いのが多いから別の色を紹介したいんだけどサンストーン、ムーンストーンはまだスターストーンが揃ってないから紹介は控えたいし、エメラルドはSEクラスで没で来月に期待。ピーターサイト、アクアマリン、ブルーオパール、ラピスラズリ、カバンサイトも青いしつうか青いの多すぎる(´・ω・`)

 てか前から微妙に気になってたんだけど、石関係で拍手くれてる人(´ω`)カンシャ


 という事で迷った末にアメトリンの紹介です。

 画像 339

 ただのアメジストと思うだろうけど・・・

画像 341

 石言葉:光と影、誠実、勇気、高貴    和名:紫水晶、黄水晶

 アメジストとシトリンが同時が混在する天然石。・・・としか言いようが無いんだよね。アメジストとシトリンはほとんど同じなんですよ。それでアメジストからシトリンにゆっくり変わる途中で変化が中断されたときにできるのがアメトリンだそうです。

 実際アメジストを高温で焼くとシトリンができます。人工的なシトリンはそうして作られますからね。天然か人工かの見分け方は素人目だとほとんど区別はつきません。しいて言えば色むらがあるかどうかぐらい。練り物のシトリンだったら色の濃さで分かりやすいのですが。(練り物のシトリン持ってます(´・ω・`))アメトリンとかシトリンは信用のできる店舗から買いましょうってお話でもあります。
 
 今回の無茶苦茶撮るの苦労したし(´・ω・`)
 透明度が高いからシトリンの色がライトの色で消えてまう。納得がいかない微妙な画像でスマン。 




魅惑的な赤

 どうも、もう4連休も終わりか。なんにもやってなかったなぁ明日が微妙にこえーよ。期待という期待ではないけれど、対人関係で微妙に重荷になってる部分があるからね。
 
 前回紹介したカイヤナイトはプロの目から見て上の下、点数にして70点ぐらいだそうでなかなか見つからない予想外に良いものだと言ってました。それ以上のは多分手が出せないだろうなぁ。

 今回はルベライトの紹介です。

画像 331

画像 337

 石言葉:開放、健やかな愛   和名:電気石 ブラジル産 1.33ct

 ラテン語で赤を表すrubellusから由来されています。和名を見てもらえば分かりますが、トルマリンの色の一つです。ピンクトルマリンの特に色の濃く品質の良いものが、ルベライトと呼ばれます。赤、ピンク、紫が見え全体的に誘惑的な赤色をしています。

 内部にクラックが見えるのがマイナスになって手に入れることができる事ができた。宝石品質の完全なルベライトとか手が出せませんからね。アクアマリンかラブラドライトかと思っていたのですが、青色っぽいのが最近多かったので、それはどうだろうって事で今回は赤い色を紹介しました。
 


同質異像の青

たからじま

 友人のつるみ氏のサイトとリンクしました。ツクールの素材系サイトです。

 コメント返し
 鳥さんへ
 戦隊意思は僕も探してみて入るのですが、どうもディスプレイネームとファイル名が違うみたいなので、なかなか見つからないのですよ。レミリアの時みたいにファイル名が分かれば話は早いのですが(´・ω・`)(見つからないのはそんな理由じゃなかった)

 さて今回はカイアナイトまたはカヤナイトの紹介です。

画像 325

画像 322

 石言葉:純粋、清純、正常、平安 和名:藍晶石

 ギリシャ語で深い青を意味するkyanosから由来されてる。結晶の横軸と縦軸では硬度が極端に変わるため、別名二硬石とも言われる。澄んだ青い石であればあるほどその価値は高くなるらしいが、他にも色々な色があるらしい。
 ただ、このカイヤナイトはまったく同じ成分であるのにも拘らずその特性や性質の違う同質異像と呼ばれる兄弟のような石も存在している。高温高圧の環境ではシリマナイトに、高温低圧の環境ではアンドリュサイトに、低温高圧の環境でカイヤナイトになるとの事。
 
 これよりも青の濃い色、またはクラックが入っていて光にかざすと虹色に光るものもあったのですが、僕はその中間のこいつを選びました。光の加減では↑2つの画像みたいに真っ青に見えるのですが、角度によってはクラックが綺麗に見えるので気にいってます。ちなみに装飾部分は銀製です。


金の針

 むふー
 最近、イラストとか書いて見たいとか思って今日ペンタブ見に行ってたのですが、ピンキリとは言えやはり値が多少張りますねぇ。そのついでに撮影用のライトも買ってみた。

画像 316

ある程度、間接部分が稼動しますし、クリップになってるので上からでも照らすことができます。

 という事で今回はゴールドルチルクォーツの紹介です。

 画像 320

 石言葉:家庭の平和 和名:針水晶、金紅石

 水晶の中に針のような金色の鉱物の結晶が含まれている。入ってるのはチタン酸化物の一形態で、ラテン語で赤い、赤く輝くの意味を持つルチルという鉱物。現在、かなり人気のある天然石の一つだろうと思う。
 直線で入ってるのはキューピッドの矢、曲線を描いて金髪のような細いものはヴィーナスヘアとも言われる事がある。ちなみに↑のブレスレットが直線で↓の方がヴィーナスヘア

画像 317

 こちらは細かくランダムに曲線を描いているため、見てて飽きない(´ω`)
 他にもルチルと名前のあるものはありますから後々紹介していきますよ。

 


速読レベルとかおろりんとか

 ピーターサイトと良質なカイヤナイト手に入ったので後々紹介しようかと。

 んでここの速読をやってみました。

 読書速度の測定

 僕が文庫を普通に読むぐらいの速度で12秒の分速2382文字のAA。ゆーっくり理解しながら読んで21秒の分速1356文字のB+でした。昔から活字は頻繁に読んでたし、ある程度なれたらこの位で読めると思う。
 まぁ、速読できたからと言ってそこまで役に立つようなもんじゃないし頭が良いってモンでもないしなぁ。本を読む楽しみ方は人それぞれだし、ゆっくりじっくりって人も居れば、僕みたいに一気に読みきって半年ぐらい後から読み直して1回目読んだときと違う印象を楽しんだりする人も居るしね。
 つかこれでこれだと、読みなれた本か作者次第ではもっと速いって事か。

 MUGENのオロチ、ミズチ改変って多いよねぇ。僕自身、意図的に集めてなくて10体前後ぐらいもってたりしたし。

 たとえば

 20090718192544.jpg

とか

20090718192455.jpg

 こんなネタキャラまで(´・ω・`)
 軽く40↑は居るんじゃないかな今はと思う。オロチミズチだけ集めて並べたら壮観だろうね。いろんな意味で。 
 


サンクリットの火災

 テニスに行ってるけど、初期メンバーの中で唯一ランクが上がってない自分(´・ω・`)
 サーブがヘーポコすぎるのが原因だろうと思うんですけどね。今日はえらくまともにサーブが打てたとおもうぐらいに・・・。

 

 この謳う丘は聞いたことが無かったな。幻想的or民族調の曲は結構聞く方だから大半は聞いたことはあったけど。でもまぁ、こういう曲は好きだなぁ。

 さてさて、石つうかもう宝石なんだけどブルートパーズの紹介です。

画像 314

画像 315

 石言葉:教養、学問、ひらめき、調和、感情的すれ違い 和名:黄玉(トパーズ)

 トパーズの元々の語源はサンクリット語の火災に当たるtapasからだとか。
 天然のものは淡い青色をしているとの事ですが・・・。一応これは天然と聞いたのですが、他店で聞くと熱処理されているんじゃないかとも言われました。真偽のほどは不明、ただ本物のトパーズには変わりは無い。
 なぜかというと、ブラジル(だったか?うろ覚え)の鉱山でブルートパーズがでたという噂だけだからという話。一部のコレクターが出さない限り市場には出回るということが無いからだとも聞きました。調べてみた範囲では、淡い色のタイプならあるみたいで手に入らないのは色の濃い方らしいとの事。実際の所、ここまで色が薄い着色の仕方はしないだろうと思う。ブルーではなくホワイトトパーズの名前で売ってましたしね。でもまぁ相手はプロだからなぁよく分からん(´・ω・`)

 着色されたブルートパーズには名称があり

 「スカイブルー」:淡い青
 
 「ロンドンブルー」:少し陰りのある落ち着いた青

 「スイスブルー」:上2つの中間

 「スーパーブルー」:明るく澄んだ青

 だそうで。比較的多く出回ってるからトパーズの中では入手しやすいかと。
 ホワイトトパーズと水晶はパッと実見分けがつきにくいけれど、光の屈折率が段違いで違うので見慣れたら分かりやすいと思う。2つ目の画像を見てもらえば分かると思うけど、背景が完全に上下に反転しているのが分かるかと。水晶じゃこうはいかないしなぁ。 


 僕が持つビーズ状の石の中ではトップクラスな値段の一つ。一番高いのはガーデンクォーツかゴールドルチルかレッドルチルのどれかだろう。一個という範囲ではラブラドライトか菊花石だろうなぁ。

 まぁ、後々紹介していくか。次はゴールドルチルかラブラドライトだろうね。


やーることがねぇぇ

 連休初っ端から雨ですか(´・ω・`)
 子供の頃からあんまり雨自体は好きじゃないんだよね。でも振らなければ困る。

 久々にこの人の動画見たけど、相変わらず形容しがたいシュールな動画だなぁ。





 


大空の色

 明日から4連休か。
 
 何にも予定が無い。大歩危のラピス会館?行ってみたいけど一人じゃなぁ(´・ω・`)
 
 コメ返し
 あちゅさんへ
 まだ、ここにも載せてないのもあるしこれからドンドン紹介していきますよ。

 匿名さん
 サンキュー。書いてないんだけど撮ってる所は机の上じゃないんだ。後、光の波長によって色やら性質やら変わるのもあるのでその辺考えると難しい。後、ある程度光源が小さくないとああ言う画像は撮れないんだわ携帯のライトが何気に一番最適だけど使いにくいって言う。

 今回はセレスタイトの紹介です。

画像 312
画像 313

石言葉:休息、目覚め、博愛、清浄  和名:天青石

 由来となったラテン語では「天国のような」、英語読みのcelestialは「空の」「天体の」「こよなく美しい」、和名の天青石の通りに空のような淡い青色をしている鉱物です。
 ただ、ストロンチウムの鉱物なので、燃やすと赤いです。なので花火や信号弾に使われる事も有るんだそうで。
 物凄く脆い鉱物で、モース硬度が3しかないというぐらいなので取り扱いには注意が必要。僕は布の袋に入れて暗所に置いてます。

 


ラメのように煌びやかな

 カテゴリに石関係追加しました。雑記で処理していたのですが、数が増えてきたのでカテゴリを独立させました。とは言うても、石関係を見る人が何人いるやら(´・ω・`)
 
 以前紹介した奴の書き無しの写真撮り直しの続きです。
 ピンボケとか雰囲気が納得いかないとかで今回何回撮り直したか。

 画像重いようなら次回から続きを読むに閉まって置くかな?

 今回はストロベリークォーツです。

 画像 310

 画像 307

 石言葉:達成 幸運 恋愛成就 勝利の女神 和名:苺水晶

 正確には2種類あり、ゾイサイトインクルージョンもしくはレピドクロサイトインクルージョンを含むもの。前者の場合ルチルのような感じになるらしい。写真は後者のレピドクロサイトインクルージョンを含む物。
 希少な部類に入る水晶らしい?ゾイサイトを含む方は見た事が無いがサイトとかで見るともっぱらそちらの方が多く見る事ができる。

 未だに携帯のライトで光当てて撮ってる訳だけど何かしら良い物は無いんかな(´・ω・`)


新パッチきたぁぁぁぁぁの・・・か・・・?

 ROの方だと異世界パッチが来てる・・・はずだよね?INしてないから分からん(・ω・`)
 何かしらの方法で呼ばれたり、頼まれたりすればINするだろうけど、自分のためにINする必要はあんまり無いと思ってるしね。

 まぁ、それはそれで置いておいて、境界線上のホライゾンⅡ(下)やっとこさ読み終わりました。昨日は友人と海岸へ花火をやりに行っていたので読んでないので一日2,3時間×3日かかったか。約千ページあるだけに思ったよりも時間がかかったなぁ。てか次の巻からカオスになるんじゃないかな?これ的な終わり方だったんだけど、素からそんな感じに読めるから楽しみながら読む分には問題ないか。

 MUGEN関係はやはりプログラム等の予備知識やらが何も無い状態で進めてるだけに手こずってる。やってる事への意味は分かるのだけれども、知識が追いつてないなぁ。エフェクトやらなにやら手を出すのは後回しにしても多少なりとも形にしたい所。

 さて、今回の紹介するのはクリーダイト

画像 299

画像 296

 石言葉:霊性、忍耐力、行動力 和名:クリード石   メキシコ産

 金山からの産出が多いため、金の鉱脈の目印に使われる事も有る石。小さい結晶が小さな塊を作ってるので見た目どおりに脆い。モース硬度3.5~4とかなので取り扱いには注意が多少必要かな。

 以前、記事で書いたような気もするんだけど、前回は写真の見栄えが悪かったという事で取り直しの書き直し。実際あんまり自身は無いんだけどこんな写真でもいいのかなぁとも思う。


航海士の宝石

 偶々、映画見に行った時買ったピアノジャックの風神雷神を永遠と聞いてます。なかなか個人的には好みの曲が多いので買って損は無かったと思う。

 さて今回はアイオライトの紹介です。
 
 画像 291

 宝石言葉 同一性(アイデンティティー)和名菫青石 スリランカ産0.31ct

 サファイアに似ている事からウォーターサファイアとも呼ばれ、和名の通りに青みを帯びたスミレ色や青紫、青色の濃い青色の石。 

画像 292

 多色性の強い石で光の当たる方向により青~透明に色が変化する。その性質を利用したのか、バイキングが航海時に羅針盤に利用したという逸話が残ってるほどだ。質はあまり良くは無いほうなのでイマイチ分かり難い。
 レピドクロサイト・インクルージョンを多く含むブラッドショット・アイオライト欲しいよ(´・ω・`)
 一方向から赤く見え、「血の閃光」とか言われているらしいが厨・・・(ゲフンゲフン
 まぁ、ボーナス手に入ってからだな・・・。
 


最近の入浴剤のネーミングはやべぇ

 今日は某夜の人とターミネーター4を見に行っていました。
 入るまでに時間があったので色々見て回ってたのですが、入浴剤のネーミングセンスがすげぇ事になってた。ちなみにどんなだったかは忘却の彼方。まぁ、どう考えても菓子ですよねこれ外見したものや、口に出すのを憚られるようなものまでありましたから忘れてしまったとしても無問題。

 目的の映画の感想ですが、個人的には悪くは無いと思う。影の薄かった3に比べたらまだ4の方が面白かったかなと。ああ言う展開は僕としては好みなんですけどね。

 
 コメ返し

 きーちゃんへ
 気がついたらキャラが300↑居たりするから何も問題ないかと。
 気が向いたらPoPの溜まり場にでも遊びに来てな。多分僕は居ないだろうけど(ぁ


気分転換に

 アイオライト手に入りました。紹介は又今度で。

 キャラ改変の息抜きにちょいとMUGENやってました。

20090711211810.jpg

 ちょいと格ゲーぽくプレイするには実力が足りなさ過ぎて(´・ω・`)
 STG使ってアーケードやってました。通常キャラでも動きの速い奴or遠距離メインの奴には多少苦労します。(ボム連打でもどうにでもなるんですが)
 東方のストーリー関係は苦労どころか倒せるかぎりぎりな所ですねぇ。ラストスペルのHP半分近く減らした所で手詰まりで\(^o^)/
 
 んでもまぁ、他の人の作品見てるとやる気はでますね。


飲みすぎ注意

 健康診断の3日前にウォッカ2杯とテキーラ+ビールとかカクテルとかもろもろの見すぎた感が有る気がするのですが、きっと気のせいでしょう。ひ・・・っかからないよね多分。

 昨日2次会で飲んでたバーで夏って事で心霊スポットがどうこう言う話になったのですが、店員さんが店に心霊写真を置いてあると聞いたので見せて貰いました。
 見ても店員さんの言ってるように見えず、ごちゃごちゃなもこもこした何かとか、影にしか見えなかったりとか。聞いたり見たりするのは問題ないんだけど、そういうの見ても分からないことが多い(´・ω・`)

 ホライゾンの2巻の下と禁書の18巻を買ってきました。まだ中身は読んでません。相変わらずホライゾンの分厚さはすさまじいものがあります。カバー裏のネタばれ部分先に読みそうになって焦ったよ。

 


2つの色

 画像 280

 カラーチェンジ(アレキタイプ)ガーネット

 宝石言葉、昼と夜の愛の変貌。スリランカ・タナマルビレ産0.23ct
 数多くあるガーネットの中でも変色効果を持つタイプのガーネットで、アレキサンドライトと似たような色の変化をするため、アレキ・ガーネットの名称で置いてある事もあります。
 ちなみに↑の写真は携帯のライトで照らした所。日光の下で尚且つ実際に見ればあればはっきりと赤紫に変色しているのが分かるのですが・・・。蛍光灯の下では薄いグレーっぽいインディゴライト色なような濃いグリーンのようななんともいえない色してますけどね。
 ガーネットの石言葉は激しいのが多いですねぇ。関係無いけどZabadakのDEIR PAIDER思い出したよ。
 ちなみにこんな曲



 ちなみに蛍光灯の下で撮ったのは続きから。

 

続きを読む »


初めて登ってみたとか

 MUGEN関係。ちょいと手が付かない状態、まぁいつもの事だから仕方ないがやろうとして手が進まないだけ。気長にやるつもり。
 
 かつて飽きててやってなかったモンハンをちょいちょい進めてます。

 
 RO関係は最近、生体とかETとか狭間とか誘われます。
 廃p1、廃WIZ1、砂1、教授1、冠1の構成でどこまで行けるかって事でやってみました。
 

続きを読む »


虹と柘榴

 画像 274

 レインボーガーネット 和名柘榴石

 意味としては夢の愛。ガーネットというのはラテン語の多くの種子をもったもの(=柘榴)から来ており、原石は12面体や24面体が多い。ブルー以外のほとんどの色があるぐらい数が多いのが特徴。レインボーガーネットは非常に珍しく、現在はブラジルと日本のみしか今産出していない上に質が良いものは今のところ日本のみだそうだ。日本の産出しているところは今、立ち入り禁止区域になっているらしく出回ってる分しか今は無いんだそうで、ブラジル辺りから出るかどうかってところらしい。

 上からスポット当てる感じで写真取れたらね。虹色が分かりやすいんだけど(´・ω・`)

 ↓の画像デカッ。直すの面倒だから放置でいいや
 
 

 


深い深い青

画像 270

 ブルーサファイア 和名青玉

 意味としては幸運、天命。ルビーと同じくコランダムとよばれる鉱物の一種なのだが、内包物の違いにより赤以外の色をサファイアと呼ぶとか(間違ってるかもしれないが)
 これは0.3ctのスリランカ産。色がトウモロコシの花の色に近い感じのが藍色が高いらしいのだが、僕はこっちのブラックサファイアに近い色が好きだったのでこっちを手に入れました。ちなみに前にもサファイアは紹介したが、こっちは完全に宝石品質の物で透明度も高いです。


斜め上でしたまる

 最近の事
 一昨日、会社の残業→家に帰って改変キャラの通常攻撃作ってみてない(なんとなく理解できたけど、作ろうと思う段階で寝る時間\(^o^)/)

 昨日、コードギアス最後まで見る。最後の展開は読めたけどその間のは斜め上過ぎて分からんかった。感想、オレンジかっこよす。

 
 コメント返し
 匿名さんへ

 すまんが、その話は無しだ。もうそれ関連の物も売ってしまったし、今のところはそれ関係は関わりたくは無いから悪いけど話せる事が無い。
 


 | HOME | 

「道端の端」

趣味雑記日記@リンクはフリー

プロフィール


もるもっと02

Author:もるもっと02
鉱物、天体等を産廃レンズで撮っています。


フリー




フリー



最近の記事



最近のコメント



カウンター



カテゴリー



リンク



月別アーカイブ



最近のトラックバック



StarFirstWatch


3ET製StarWatch
Present's by サンエタ


RSSフィード



ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。