スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



pb-4

PB-4s.jpg

 某所からpb-4(右。左はpb-6)キター

 使い方によってはアオリ撮影できる優れものです。

 丈夫な三脚との併用で、裸石なんかの被写界深度が浅くなりがちなのに深度合成が使いにくいものに対して使えそうですね。

 PC-E Micro NIKKORとかそう言うのできるのはやたらと高いんだよねー。

スポンサーサイト

Apo Nikkor 240mm F9

 はい、ここ3日ほど風邪でした。38度から下がらなくて焦ったよ(´・ω・`)


 と言う事で今回はこの間落としたレンズですね。


AN240 2s

AN240s.jpg

 Apo Nikkor 240mm F9  

 写真製版用で、色収差を完全に補正したアポクロマートレンズを使った物です。

 最小絞りはなんとF128(使うのか・・・?)

 マウントするにはM53 P0.75のアダプタが必要なのですが、ツイッターで完全対称のダブルガウス型の4群4枚でM47 P0.5だからリバースで使っても問題ないと教えて貰ったので、ステップアップリングを47-49-52mmで取り付けてリバースしようと思ったら、両端ともに同じアタッチメント用のネジが切ってあったのでそのまま取り付けてみました。

  取り付けs


 所持するレンズの中では一番焦点距離が長いので、色々な用途に使ってみたい。主に天体とか天体とか
 


写真機材

 先日の話。

 電子湾に初釣りへ。

 獲物は通称ロクサンサンハン、EL Nikkor 63mm F3.5

 いそいそと釣り糸を垂らすも、2回目ではじかれる。何事かと思っていたら、新規お断りの文字が。

 「若造に渡す獲物はねぇ」

 実績社会の厳しさが身にしみました。

 と意気消沈していたら、沼地の奥から山猫さんが現れて

 「こちらで出土したロクサンサンハンはいかがですか?」

 ひひひと、悪魔のような囁きが。

 ロクサンサンハンs

 ええ、即効で飛びついてしまったよ。

 ELシリーズの中では、かなり人気が高く電子湾に出てくると諭吉さん2~3人分ぐらいの戦闘力を誇ります。
 高解像度で、色収差補正が紫外線の領域まで及ぶとかなんとか。
 
 無限遠を出すにはBR-15に取り付けた状態で若干緩めるぐらいで。アダプタを探して彷徨うよりも、大人しく教えて貰ったとおりにホットボンドでくっつけてしまうのが利巧か。
 
 これで撮る星野写真はどう写るだろうか。

 同日、電子湾にて解像度を追い求めて止まぬ沼地の住人のTLに超高解像度レンズが日本の電子湾に出ているとタレコミが。

 そこには、憧れていたUltra Micro Nikkorの文字。しかも6諭吉からのスタートと安めの設定。海外の相場は20諭吉前後を考えると、ここで抑えておかないと何時手に入るか分からないという事で、大金つぎ込んで無理やり釣りました。

UMN28mm2s.jpg

UMN28mms.jpg

 Ultra Micro Nikkor 28mm F1.8 初期型
 
 日本光学(現Nikon )が誇る超高解像度レンズ、ウルトラ兄弟の代表格と言った28mmのF1.8。
 波長546nmの水銀のスペクトル線(e線)まで色収差補正してしまう上に、700本/mmと言う驚異的な解像度を誇ります。(1mmの内に何本線が解像するか)

 L-F変換アダプタあれば楽に取り付けられます。しかしピントはまず出ない。なにせこのレンズ、現状のFマウントだとリバースで使う事を前提だそうで、40.5mmオスのステップアップリングで引っくり返せます。ワークディスタンス の浅さに悶絶するだろうと、TLで忠告受けたので今週末悶絶します。

 しかし、このレンズ初期の初期、シリアルナンバー5番と言う非常に貴重なものだった。こんなの持ってて大丈夫なのか自分・・・。


 ついでに山猫さん所から、こいつも譲り受けた。

Z軸微動台s

 Z軸微動台だ。垂直撮りするならいるだろうと、手に入れたものだ。
 ハンドルの絶妙な硬さが良い。奥に見える小さいハンドルの用途が最初分からなかったが、精動操作ハンドルで壊れているのが分かったので、バラして直す予定。一回転0.2mmの精動は捨てがたい。

 これらで撮るのが楽しみだ。


EL-NIKKOR 135mm F5.6

 昨日と今日でマクロニッコール用ステップアップリングとELの135mmが届きました。


EL135mms.jpg

 EL135mm+BR-15+PB-6にて撮影

EL135mm 試写s

 暗いため、ISO感度を上げたせいか若干ノイズが。しかし、解像度はすばらしい。
 動物撮るよりも、三脚立ててじっくり風景撮りたくなるレンズですね。

マクロニッコールリバースs

 ステップアップリングが手に入ったので、マクロニッコールのリバースも出来るようになりました。

リバースマクロの画s

 ただまぁ、焦点距離の関係で無限遠がでません。




変態的用法で撮る

 さて、本日M39 -M42あだぷたが届きましたので今まで買った、物を全部つなげて見ました。



 マクロニッコール2s

 ハイ、ドン

 マクロニッコール 65mm F4.5+M39-M42+M42ヘリコイド+M42ーFマウント+K-1~5

 まぁ、この組み合わせではまともに使えないのですけどね。

装着s

作例s

 ELの135mmが届いたら無限遠だして紅葉を撮りに行きたいなぁ。


 | HOME |  »

「道端の端」

趣味雑記日記@リンクはフリー

プロフィール


もるもっと02

Author:もるもっと02
鉱物、天体等を産廃レンズで撮っています。


フリー




フリー



最近の記事



最近のコメント



カウンター



カテゴリー



リンク



月別アーカイブ



最近のトラックバック



StarFirstWatch


3ET製StarWatch
Present's by サンエタ


RSSフィード



ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。